吉田うどんを食し讃岐うどんとの違いを比較


今回の関東バイクツーリングでは、山梨県富士吉田市の郷土料理の手打ちうどん「吉田うどん」名店を紹介します。

この吉田うどんの特徴は味噌、または味噌と醤油のあわせ汁と、具にキャベツが添えれていることです。
この富士吉田市の周辺には約50軒ほど店舗があるのですがほとんどのお店が民家の一部を店舗にしているところがほとんどです。
その約50店舗ある中で自分が一番おすすめする名店は「麺許皆伝」(TEL:0555-23-8806)です。

麺許皆伝.jpg

このお店はオープンキッチンが特徴のお店で、
具沢山の「欲ばりうどん」500円が大人気です。
値段の割りに沢山具がはいっています。
ちくわのてんぷら、わかめ、肉、きつねと本当にボリューム満点です。
さらに味わいたい方は大盛りもできるのでそちらでどうぞ!
自分もいつもここでこの欲張りうどん大盛りを頼みます。

自分の食べてみての感想ですが、この吉田うどんは麺が強い印象をうけました。
麺にコシがあるというよりは、よく噛んでたべないと飲み込めない感じですね。
なので年配の方には少し食べづらいかもしれないですね。

それに比べると讃岐うどんはコシがありよく噛まないと食べれないということはないので
年配の方はこちらの方ですと安心して食べれると思います。

山梨だと有名な郷土料理の一つにほうとうがあります。
こちらのほうは吉田うどんの固い麺とは真逆ですごくやわらかく食べやすいのでこちらのほうを食べてもよいかとおもいます。
固い麺もそれなりに食感も楽しめておししいので個人的には好きです。
関東の固い麺をまだ食べたことがない方は是非一度食べてみてはいかがでしょうか。

次回は、関東バイクツーリングでの有名な名水スポットを紹介します。
お楽しみに!
ブログ
posted by 景色、温泉、グルメは任せて!格安&無料スポット情報満載 関東バイクツーリング at | おすすめ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXでの脱税事例
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。