群馬名物だるま大使ラーメンの魅力紹介


今回の関東バイクツーリングは、もう36歳になり30代後半を迎えた自称バイクツーリングマスターが30代のバイカーに送る群馬おすすめグルメガイドを紹介します。

今回紹介するのは、豚の飼育頭数が全国4位という群馬県でも有名な「とんこつラーメン」です。
ちなみに私ラーメン好きで30代後半ともなると自分自身が豚みたいになってきている脂のノリがよくなってきたメタボ予備群ですがしっかり30代代表としてしっかグルメガイドをさせていただきますわーい(嬉しい顔)
(メタボのはなしはいいから早くガイドしろ!)ですね。

早速ですが、最近の群馬ではここはとんこつラーメンの激戦区になっています。
その激戦区のなかでもバイクツーリングマニアイチオシのグルメラーメン店はだるま大使(TEL:027−344-8566)」です。

だるま大使ラーメン.jpg

この群馬の名店だるま大使でもイチオシなのが、だるまラーメン:650円です。
骨の髄をたっぷり煮出したスープでクセになること間違いなしです。

ただ、このだるま大使群馬でも大変有名なラーメンの人気店なので、週末には行列するほどなので時間をずらして来店することをおすすめします

30代で私に共感できた方、できなかった方関係なく群馬だるま大使ラーメンはツーリングマニア36歳がおすすめする最高グルメですので是非自分の舌で確かめてみてくださいな。

次回の関東バイクツーリングでは、おすすめの紅葉名所旅館宿を紹介します。
お楽しみに!
posted by 景色、温泉、グルメは任せて!格安&無料スポット情報満載 関東バイクツーリング at | おすすめ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関東イチオシのご当地ラーメンを紹介


今回の関西バイクツーリングでは、今日で36歳になった自称バイクツーリングマニアの私がおすすめの定番ご当地グルメを紹介します。(今日の朝、奥さんには全然祝ってもらえませんでした。仕事から帰ってきたら再チャレンジしてみます)

今回紹介するのは、青竹打ちでつくられたちぢれ麺とさっぱりした味のスープが特徴のおすすめご当地ラーメンのお店「佐野ラーメン」です。

佐野ラーメン.jpg

この佐野ラーメンはラーメンのご当地グルメのなかでは定番中の定番です。
まだ食べていない方は是非自分の舌で味をたしかめてみてください。おいしいですから。
数ある佐野ラーメンでもツーリングマニアイチオシの名店は「とかの(TEL:0283−24−7038)」ですね。
ここは麺とラー油とメンマはすべて手作りとというこだわりようで、しかも営業は昼のみ。
よほど味に自信がなければできないのが私を虜にしました。(笑)

11時30分の開店以降、麺が無くなり次第終了で一日80食限定のラーメンですので行かれる際は時間に注意しましょう。

自分は結構ここには通っているのですがオススメは「チャーシュー麺:800円」です。
ここは行く価値ありの人気店ですのでラーメン好きは絶対行ってみてください。
感動まちがいなしです。

次回はの関東バイクツーリングでは30代の私が好きなグルメツーリングを紹介します。
お楽しみに!
posted by 景色、温泉、グルメは任せて!格安&無料スポット情報満載 関東バイクツーリング at | おすすめ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田うどんを食し讃岐うどんとの違いを比較


今回の関東バイクツーリングでは、山梨県富士吉田市の郷土料理の手打ちうどん「吉田うどん」名店を紹介します。

この吉田うどんの特徴は味噌、または味噌と醤油のあわせ汁と、具にキャベツが添えれていることです。
この富士吉田市の周辺には約50軒ほど店舗があるのですがほとんどのお店が民家の一部を店舗にしているところがほとんどです。
その約50店舗ある中で自分が一番おすすめする名店は「麺許皆伝」(TEL:0555-23-8806)です。

麺許皆伝.jpg

このお店はオープンキッチンが特徴のお店で、
具沢山の「欲ばりうどん」500円が大人気です。
値段の割りに沢山具がはいっています。
ちくわのてんぷら、わかめ、肉、きつねと本当にボリューム満点です。
さらに味わいたい方は大盛りもできるのでそちらでどうぞ!
自分もいつもここでこの欲張りうどん大盛りを頼みます。

自分の食べてみての感想ですが、この吉田うどんは麺が強い印象をうけました。
麺にコシがあるというよりは、よく噛んでたべないと飲み込めない感じですね。
なので年配の方には少し食べづらいかもしれないですね。

それに比べると讃岐うどんはコシがありよく噛まないと食べれないということはないので
年配の方はこちらの方ですと安心して食べれると思います。

山梨だと有名な郷土料理の一つにほうとうがあります。
こちらのほうは吉田うどんの固い麺とは真逆ですごくやわらかく食べやすいのでこちらのほうを食べてもよいかとおもいます。
固い麺もそれなりに食感も楽しめておししいので個人的には好きです。
関東の固い麺をまだ食べたことがない方は是非一度食べてみてはいかがでしょうか。

次回は、関東バイクツーリングでの有名な名水スポットを紹介します。
お楽しみに!
ブログ
posted by 景色、温泉、グルメは任せて!格安&無料スポット情報満載 関東バイクツーリング at | おすすめ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すべて手作り!山梨名物ほうとう穴場の名店を紹介★


今回の関東バイクツーリングでは、山梨名物「ほうとう」のイチオシの名店を紹介します。

まずこのほうとうとはなんなのか?
と疑問がわきますよね。
ほうとうとは、山間部の人々が戦場に赴く際の非常食として腰にぶら下げていたものを、
武田信玄が陣中食として広めたものだそうです。

前置きはコレくらいにしておいて、今回紹介するのは、山梨県下部温泉最奥地にある穴場の名店「かど久」(TEL:055-975-3340)です。
かど久1.jpg

ここの最大のポイントは全てが手作りであることです
手作り麺、手作り野菜、手作り味噌で、注文を受けてから煮込むため風味を時下に楽しめるのが魅力です。

この「ほうとう」は1300円と、すべて手作りにしてはとてもリーズナブルです。
全て手作りのほうとうはなかなか山梨県下でも味わえる場所はほとんどないので一度食べにいかれてはいかがでしょうか。

他にも、ほうとうでオススメの名店があるので紹介しておきます。
これは友人から聞いた情報ですが、友人いわく山梨ほうとうランキングベスト3らしいです。
1位「大豊」、2位「ほうとう松木坂」、3位「ほうとう不動 河口湖北本店
だそうです。参考にしてみて下さい。

グルメを堪能したあとは、定番の温泉です。
このかど久の周辺には、あの有名な武将「武田信玄」が川中島の合戦で傷を負ったときに訪れた隠し湯ともいわれる温泉「古湯坊源泉館」があります。
古湯坊源泉館.jpg

旅の疲れを癒すにはもってこいの岩風呂を堪能できます。
是非ここも訪れてみてはいかがでしょうか。

次回は、山梨の麺の名品吉田うどんの名店を紹介します。
お楽しみに!
ブログ


posted by 景色、温泉、グルメは任せて!格安&無料スポット情報満載 関東バイクツーリング at | おすすめ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とにかく大きなウナギ!ボリューム満点「元祖うなよし」


今回は、自分が行ったことのある関東バイクツーリングでのイチオシのウナギの名店を紹介します。

今回紹介するのは、富士山の勇水を活用しており、静岡県三島市では有名なうなぎ専門店「元祖うなよし」です。

元祖うなよし1.jpg

元祖うなよしのイチオシはなんといってもとにかく大きなウナギで丼のボリュームも満点のうな丼です。

元祖うなよし3.jpg

ここは、2Fの席になると100円追加料金をとられるので注意しましょう。
お金に余裕のあるかたは気にせず2FにGO!ですね。
私は知らずに2Fの席で食べました。もちろん追加料金を取られるなんてしりませんでした(泣笑)

自分の場合はここがイチオシなのですが、
一緒に行った方は、「小川屋」、「浩福」、「うなぎのまとい」というお店がおすすめと言うのも行っていたので今度自分もこのお店に行ってウナギを満喫してきたいと思います。
また行ったらアップしますね。

ウナギを食べておなかが一杯になったら、
このツーリングではもう一つの大イベントがあります。
それは、富士山&箱根両方の絶景を拝むことです。

この元祖うなよしのすぐ近くに「芦ノ湖スカイライン」(自二250円、原付250円)というバイカーにはたまらないワインディングロードがあります。
しかも、ここの三国峠からの景色はもう感無量で幸せを感じずにはいられない絶景です。
芦ノ湖スカイライン1.jpg

夜景もすばらしく、三島方面の夜景はまさに100万ドルの夜景ですね。
自分の場合は生きててよかったって感動したくらいです。
芦ノ湖スカイライン2.jpg

この他にも杓子峠からの景色もおすすめですのでそちらもどうぞ!

このツーリングルートは自分の鉄板ルートなのでおすすめですよ。
是非いってみてはいかがでしょうか。

次回は、山梨県で有名は「ほうとう」のイチオシ店を紹介します。
お楽しみに!
ブログ
posted by 景色、温泉、グルメは任せて!格安&無料スポット情報満載 関東バイクツーリング at | おすすめ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生桜エビのかき揚&B-1グランプリ初代チャンピョン★富士宮やきそばを堪能


今回は、関東バイクツーリングでもよく行く静岡県のイチオシのうまいもんを紹介します。

今回紹介するのは、駿河湾の深海のみで獲れる桜エビをふんだんに使った料理が楽しめるお店「井筒屋」(TEL:0543-75-2039)です。

ゆい定食.jpg

この井筒屋がある静岡県由比は桜海老が名物です。
旬は春と秋の2回!!
ここでのおすすめは、「ゆい定食」1500円です。
生桜エビオンリーのかき揚?、炊き込みご飯、佃煮など多彩な桜エビの料理を堪能できます。
とくに生桜エビオンリーのかき揚を頬張ると、ほっぺたがとろけそうになるくらいの幸福感で満たされるようです。
是非食べていかれてはいかがでしょうか。

この静岡県にはもう一つおすすめのグルメがあります。
それは、初代B-1グランプリで優勝したB級グルメのキング「富士宮のやきそば」です。

富士宮のやきそば.jpg

この静岡県富士宮市は町おこしのいっかんとして「富士宮やきそば学会」なるものが結成されました。
この学会での活動がきっかけで全国的にも有名になり輝かしい功績を残すまでにいたりました。
この富士宮やきそばの特徴は、むし麺を使うため、しっかりとしたコシと歯ごたえがあるところです。
前置きが長くなりましたが、
自分がツーリングで立ち寄ってオススメのお店は「さの食堂」(TEL:0544-26-5869)です。


ここは創業50年の食堂で、ここの「やきそば」450円は、昔ながらの味でまた食べたくなる美味しさです。値段もとてもリーズナブルで休憩にちょうどいいのもいいですね。

食後の後は、日本一高い山富士山を眺めて日ごろの疲れをふっ飛ばしちゃいましょう。
ここは何度来ても飽きない味と場所なので是非ツーリングで行ってみてはいかが。

静岡県といえば、そううなぎですね。
次回はうなぎのイチオシのお店を紹介します。
お楽しみに!
ブログ
posted by 景色、温泉、グルメは任せて!格安&無料スポット情報満載 関東バイクツーリング at | おすすめ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★宇都宮で一番人気のある餃子の老舗でグルメを堪能★


今回は、ツーリングの楽しみといえばやっぱりグルメですよね。
というわけで、今回は関東バイクツーリングでイチオシのおすすめグルメを紹介します。

今回紹介するのは、宇都宮市内には実に200軒以上の餃子屋があるのですが、その中でも老舗でも有名な「みんみん本店」です。

みんみん本店.jpg

みんみん本店(TEL:028-622-5789)は創業昭和33年と最も長い歴史を持っています。
香ばしい皮の歯ごたえとジューシーな具の「焼餃子」6個220円!
価格も安くい上に味も絶品なのでいくらでも食べてしまいそうになるくらいなので、食べすぎには注意しましょう。

みんみん本店2.jpg

他にも「水餃子」6個220円で販売しており、さっぱりとした味わいで味を堪能できます。
焼餃子が苦手な人でも安心ですね。
価格もお手ごろなのでこの機会に両方とも食べられるのも良いかもしれないですね。


宇都宮周辺には、グルメ以外にも沢山おすすめの立ち寄りスポットがあります。
まず紹介するのは、宇都宮市内にある「トチノキ」です。
ここは、街路樹100選にも選べれている名所のひとつです。
トチノキ.jpg

宇都宮市内から、国道35号に乗ってさらに国道4号線を南に下っていくと、
皆さんもよくご存知の超有名企業の博物館「バンダイミュージアム」があります。

バンダイミュージアム2.jpg

この周辺はおもちゃのまちと呼ばれえおり、
このバンダイミュージアムにはバンダイ所有のコレクションを展示しています。
中でも一番の見所は原寸のガンダムです。
これはもう感動です。

バンダイミュージアム1.jpg

自分もガンダム世代なので興奮しました。
ここは、夢のある空間なので興味のある方は是非行かれてみてはいかがでしょうか。

この他にも、約3000点ものおもちゃを展示しており、沢山の方に人気のある鉄道模型のジオラマもある博物館「壬生町おもちゃ博物館」もあるので時間に余裕がある方はそちらにいかれてみてはいかがでしょうか。

次回は、静岡県でも大人気桜エビ料理が味わえる「井筒屋」を紹介します。
お楽しみに!
ブログ
posted by 景色、温泉、グルメは任せて!格安&無料スポット情報満載 関東バイクツーリング at | おすすめ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXでの脱税事例
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。